ものづくりの原点は金型から

 創業以来、プレス金型の高度化に努めると共に、その技術を発展させながら、ハニカム押し出し金型、精密射出成形金型を手がけています。
 ものづくりの原点は、金型であり、圧縮率、収縮率など、きめ細かく綿密に設計段階から計算し、 対応しています。
 金属成形分野においては、シートメタル成型と冷間鋳造との複合化を完成し、ダイキャスト、切削、 金属焼結品などのプレス成形化を可能と、大幅なコストダウンを達成出来る金型を提供しています。
 特にセラミック向け射出成形金型には、独自のノウハウを有しています。



ハニカム押出成型金型


蜂の巣構造で押し出すハニカム金型を製作販売しています。 四角、六角、八角、異形の形状やセル数、壁厚に対応して、適切な金型に仕上げ販売致します。

試作も対応致します。



セラミックス射出成型金型

セラミックスの特徴を生かし、複雑形状の精密成形加工品を提供するよう、超精密射出成形金型を製作しています。

穴径 φ5μm~、薄肉5μm~に、対応可能です。



特殊プレス用金型
  ※上記金型写真の説明ではありません。

私たちのプレス金型は難しいことを易しくし、複雑な工程をシンプルにします。
例えば、アスペクト比3の貫き穴や、最小のダレ、溶接品をプレス品へetc.

1.旋盤加工を絞り成型に
2.多部品の溶接構造をプレス一体成形に
3.ピンカシメ軸を廃止し、母材より突き出した一体成形に
  (板厚の5倍以上)
4.エッチング工法を廃止し、微細ピアス加工に
5.リーマ加工を廃止出来るほどの面荒さ実現に
  (面荒さ12s以下)
6.破断面なし、プレス加工のダレ微小
7.機械加工を廃止出来る真円度の実現に
8.ダイキャスト品をプレス加工に置き換えに
9.熱間鋳造+切削加工品をプレス加工品に
10.凹凸形状、板厚変動形状をプレス成形品に
11.スポット溶接をカシメ構造に
12.細パイプの側面穴あけに
13.アスペクト比3(L/D=3)の深穴をプレス加工で
14.φ10μmのプレス穴加工品に